事業内容

株式会社ヤマザワ薬品が展開する事業内容についてご紹介いたします。

ドラッグストア事業

ドラッグストア内観

私たちが目指すのは、健康文化の新しい価値を創造すること。

人口の少子高齢化が進む中、健康・美容への関心は一層高まっています。ドラッグストアは、医薬品・健康食品・化粧品・日用雑貨品を中心に、地域の皆様の健康と美容及び日常生活を支える小売業として定着してきました。

多様化する健康ニーズに対応するため、ヤマザワ薬品では、豊富な品揃えと適切なアドバイスを通して、利便性と専門性を追求、地域の皆様から選ばれる店作りを目指して努力しています。

「商品の安さ」だけではなく、「気軽に健康について相談できる」スタッフとお客様との信頼関係を築くために、親切丁寧な応対と専門知識の習得に日々努力を重ねています。

調剤薬局事業

調剤薬局内観

医薬分業の担い手として地域に貢献すべく、山形市・仙台市を中心に調剤薬局を展開しています。ドラッグストアとの併設店も多く、患者様の利便性と他店との差別化を図っているのも特徴です。

調剤薬局に求められているのは、ふれあいの心と高い資質。「かかりつけ薬局」を目指し、スタッフ一同患者様からの要望に応えられるように医療機関との連携・専門知識の向上・親しみのある応対に努めています。

また、チェーン薬局の強みである、相互のネットワークのよる情報の共有化により、業務の効率化とスタッフのキャリアアップにも力を入れています。

さらに、処方箋のバーコードによる入力・電子薬歴・自動分包機等の最新設備導入の進めており、業務のスピードアップと調剤過誤防止にも取り組んでいます。

近年は、年間約50名の薬学生実習受入も積極的に行っており、薬系大学との信頼関係を築いています。