個人情報保護方針

女性活躍推進法に基づく行動計画

株式会社ヤマザワ薬品(以下「当会社」という)は、女性が就業継続し、活躍できる雇用環境・労働環境の整備をおこなうため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日の5年間

2.当社の課題

  • ① 男女間の平均勤続年数に差異がある
  • ② 残業時間の削減
  • ③ 部長以上の管理職に占める女性労働者の割合が低い
  • ④ 中途採用者からの正社員管理職への積極登用
  • ・男女間の平均勤続年数は正社員で0.5年、非正社員で1.09年女性が短い。
    男女とも平均勤続年数が11年前後のため、今後継続勤務の改善が必要である。
  • ・残業については、月毎に変化はするものの、正社員の負担が大きく、月間平均11.3時間。子育て世代の労働者への負担は大きく改善が必要である。
  • ・課長(部長)以上の女性管理職の割合が、全労働者に占める女性の割合より低い
  • ・非正社員から正社員管理職への積極登用を能力に応じて行う

3.定量的目標

  • ① 男女とも平均勤続年数を15年以上とする
  • ② 労働者全体の残業時間を月平均5時間未満とする
  • ③ 管理職の残業時間を月平均20時間未満とする
  • ④ 管理職に占める女性労働者の割合を40%以上とする
  • ⑤ 再雇用者・中途採用者等の非正社員からの正社員管理職への登用を年間3名以上とする

4.取組内容

男女とも平均勤続年数15年以上の実現
◆平成28年4月~ 産前・産後休業や育児休業中の従業員への情報提供
妊娠中、産前・産後休業や育児休業復帰後の配慮や処遇に関する周知
子育てや介護などを理由とする転勤への配慮
◆平成29年4月~ 非正社員を含めた産前・産後休業や育児休業取得を推進する取組
◆平成30年4月~ 育児休業や育児短時間勤務制度における「法定を超える制度」の導入

労働者全体の残業時間月平均5時間未満の実現
管理職の残業時間月平均20時間未満の実現
◆平成28年4月~ 残業時間削減の啓蒙活動・周知徹底
◆平成29年4月~ 属人的な業務体制の見直し・作業計画・作業内容の見直し
◆平成30年4月~ 仕事の効率や成果に応じた公正な評価・処遇体系を整備
評価制度・賃金制度を改定

管理職に占める女性労働者の割合を40%以上の実現
◆平成28年4月~ 新規出店に伴う新店長登用に関して女性を優先的に登用する
◆平成30年4月~ 職務を再編成し、新規役職の新設を行い、女性を優先的に登用する

再雇用者・中途採用者等の非正社員からの正社員管理職登用を年間3名以上実現する
◆平成28年4月~ 正社員登用基準の改訂を行い、対象従業員を拡大する
◆平成29年4月~ 非正社員の意識調査を実施
◆平成30年4月~ 正社員管理職登用人数を年間5名実現


女性の活躍の現状に関する情報公表

平成28年3月現在 

① 管理職に占める女性労働者の割合 37.8%
② 採用した労働者に占める女性労働者の割合 67.6%
③ 男女間の平均継続勤続年数の差異 98.8%
④ 労働者の一月当たりの平均残業時間 5.3時間