「先輩の声」大人も子どもも安心して暮らせる生活を支える薬局でありたい。ヤマザワ大学病院前調剤薬局 薬局長

調剤する薬を手に取る薬局長

調剤する薬を手に取る薬局長。薬を見つめる眼差しは真剣そのものです。

現在の仕事内容を教えてください

ヤマザワ大学病院前調剤薬局の薬局長として働いています。薬剤師としての業務はもちろんのこと、薬局で働いている薬剤師や事務員のみなさんの管理もお仕事としてさせていただいています。

1日の流れはどのように進みますか

基本的には調剤と投薬がメインですが、薬歴のまとめ、薬の発注などを合間を見ながらおこなっています。
余談ですが、大学病院前という立地もあり、病院の混雑状況によって患者さんの来局に波があります。総じて絶え間なく患者さんが来るため、夕方にやっと座れるくらい、立ち続けることもあります。

記憶を辿っている薬局長

時折記憶を辿りながら、真摯にインタビューに答えてくれました。

この仕事に就こうと思ったキッカケは?

学生時代、化学が得意だったということもあり、薬学部のある大学へ入学、その後は資格を取得し、薬剤師の道へ自然とつながっていきました。よく、ご家族の影響で…という話も聞きますが、私は特に家庭は関係ありませんでした。
ヤマザワ薬品へは、大学卒業後に入社、その後ずっと大学病院前でお仕事をさせていただいています。

やりがいを感じるときは?また、苦労話などもあれば教えてください

「ありがとう」と患者さんに言われたときですね。やはり、患者さんありきの仕事ですから、感謝されると嬉しくなります。また、「それなら安心だ」と思ってもらえるときもやりがいを感じますね。患者さんは意外とドクターの前で話せない事も薬局では話してくれるんです。
病院は、疾患を見るところであり、薬局は薬を見るところなので、それぞれに特性があります。処方内容に疑問があるときはドクターに聞き、その処方意図を汲むようにしています。

苦労話としては、やはりクレームのときですね。患者さんから厳しい意見をいただいたり、患者さんが納得いかないというときはどうしても出てしまいます。そういうときは、スタッフ全員で解決に向けて誠意をもって対応するしかありません。
具体的な例として、待ち時間にイライラしてしまう患者さんもいらっしゃいましたが、薬局内を改造し、中が見えるようにしたところ、待ち時間に対するクレームが減りました。
薬局といっても、サービス業の面もありますので、どうやって患者さんに理解していただくか、が大事だと思います。

若い薬剤師さんに指導する薬局長

若い薬剤師さんの指導も、薬局長の大事なお仕事です。

職場環境の普段の状況やアピールポイントを教えてください

研修制度としては、年に1回ドラッグストア研修があります。薬局業務と勝手が違うので、頭の切り替えが難しいです。また、新人さんは全体研修として、月1回ずつ調剤研修があります。その他にも、薬局店舗毎に学会発表を目指して年間テーマに沿って活動しています。

コミュニケーションとしては、みんなでお食事会・歓迎会などは定期的に開催しています。働いているスタッフも人間関係も良いですし、各自プロフェッショナルとしての意識が高く、自分の役割を理解してがんばっている方ばかりです。

やさしい笑顔の薬局長

調剤薬局の未来を熱く語った薬局長ですが、お子さんのお話ではとたんに笑顔に。

最後に、お店として、個人としての夢や目標などメッセージをどうぞ!

調剤薬局というのはまだ人間で言うなら小学生くらいなのではないか、と思うのです。その薬局のこれからと、そこで働いている薬剤師がどうあるべきか、という存在意義に関する話にはまだ答えが出せないと思っています。ただ、薬剤師は、患者さんに健康になっていただくために何ができるかを追求していくしかありません。薬局としては、お医者さん、介護施設等と連携して地域に密着した「かかりつけ薬局」を目指していきたいですね。

個人的には、もうちょっとギターがうまくなりたいです。子どもが大きくなったら一緒に弾けるくらいにはなりたいと思っています。
私は、子どもが生まれてから子ども向けの投薬の考え方が変わりました。これからの社会、地域に大人も子どもも安心して暮らせる、生活を支える薬局でありたいと考えています。