仕事内容

ヤマザワ薬品で働く先輩たちの仕事内容をご紹介します。

薬剤師の仕事内容
総合職の仕事内容

薬剤師の仕事内容

処方鑑査

処方せんをよく見て 用法・用量が適当か、薬歴を見て前回と変更になってるところがないか、を確認します。

疑義照会

患者さんとのやりとりで使い方、使用本数・・等疑問に感じたらすぐに医師に疑義照会を行います。事務さんも側でただちに入力変更です。

調剤

処方せんに基づいて薬を調剤します。
「散薬」は監査システムを使用して調剤を行います。一包化調剤の為、錠剤を分包機のマスに入れています。

服薬指導・会計

処方せんと薬剤の情報・内容をチェック。患者さんの症状にはどのような薬が処方されているか説明を行います。お薬をお見せして、患者さんと一緒に最終確認をします。

薬歴簿記入

電子薬歴に患者情報を入力しています。
患者さん一人一人個別の管理が必要です。

薬剤発注

在庫を確認し欠品の無いよう発注します。バーコードをスキャンするだけで問屋別に送信されます。

総合職の仕事内容

接客

お客様の立場に立った接客サービスが基本です。豊富な商品知識や医療情報を蓄積し、商品選びをサポートします。

カウンセリング

お客様のご要望をはじめ、その場でお肌の水分チェックを行い、お客様のお肌に合った商品やケアの仕方を店頭で試して頂きながらアドバイスを行っています。

売場管理

お客様がほしい商品をほしい時にいつでも手に取れるように売場管理をしています。

商品管理

お客様のニーズに対応するためには、適切な発注と在庫管理は必須条件です。品切れや余分な在庫にならないようにコントロールが必要です。

情報提供

お客様が自分の書いたポップの前で立ち止まり商品を手に取ってくれた時は“やったー!”という気持ちでいっぱいになります。

商品知識向上

新商品の特徴、服用方法、価格…等を従業員に確認します。PB商品との比較も大切です。

販売計画

トレンドやシーズン商品などの流れを捉え、地域の動向に合わせた販売計画を立案します。本部と連携した仕事です。

マネジメント

本日はポイント10倍デーです。チラシ商品、価格の確認は大丈夫ですか?お客様の様子を見て売場へのご案内をお願いします。