ヤマザワ健康だより

花粉症の季節がやってきた

ヤマザワン健康だより

つらい花粉症の季節になりました。食べ物などでも症状を和らげることができるものをいくつかご紹介いたします。
リンゴ
りんごに多く含まれる水溶性食物繊維ペクチンに、アレルギー症状の原因物質を減らす効果があると言われています。
ブロッコリー
花粉症の緩和に効果があると言われるαリノレン酸、αリポ酸が多く含まれます。
トマト
トマトから抽出されたカルテノイド(主にリコピン)を継続的に摂取することで、花粉症の自覚症状が改善されると言われている。
ヨーグルト
腸内細菌のバランスを整える力が花粉症にも効果がある。
実際に1日200ml以上のヨーグルトを1年間摂取した人の3割で、花粉症の症状が軽快したという実験結果が報告されているそうです。

現在ではとても多くの花粉症薬(市販ではザジテン、アレグラ、アレジオンなど)が使用され、症状を緩和、または予防することができるようになってきています。
また、テレビなどでも紹介されているような免疫療法(舌下、注射:スギ花粉)も広く知られるようになり、今後保険適応になっていくと言われています。

症状に合わせて自分に合う方法を選択し、このつらい時期をのりこえましょう! 

ヤマザワン健康だより

作成;ヤマザワ調剤薬局利府店