社内研修

第6回 新人研修

アイコン9時~ 薬事法

講師: 上畑 日登美
医薬品等の広告の制限又は禁止

 医薬品、医薬部外品、化粧品・・等の効能効果に関して
 誇大な広告をしてはならない。
  具体的にどんな表現がダメなのか 確認しました
     (100%完治する、直ぐ効く、最新・・等)

生物由来製品

 生物由来と特定生物由来の違い。
 ベタフェロンの添付文書で記載事項の確認をしました。

行政による監督

 薬事監査員による立入りとは 実際にあった立入りで
 どんなところを見て 指導していくかを勉強しました。

アイコン10時30分~ うつ病

講師: Meiji Seika ファルマ株式会社
増川 仁士 先生
門 哲也 先生

第6回社内研修01
第6回社内研修02

うつ病は女性の有病率が男性の2倍。
初めから 精神科を受診することは少なく、内科にかかる例が多い。
自殺者が平成10年以降いっきに増え 毎年3万人を超える人が自殺している。
また、新型うつ病という、自己中心的、他責的な現代病が出てきています。
これを うつ病に入れるのか・・・?

治療薬を分類して それぞれの特徴を学びました。

処方解析・・・

 ◎山大病院前店では
    パキシルの規格が多くなってきた患者さん。
    典型的うつ病です。

 ◎医療センター前では
    マイスリー、デプロメール
    →ロラメット、ブルフェン、トリプタノール
    →マイスリー、セルシン
    →ユーパン、メイラックス、デプロメール
    次々に処方が変わります。片頭痛も併発です。

 ◎医療センター前では
    胃を治療しているうちに うつになった。
    アモキサン、ベンザリン→レンドルミン

 ◎中央店では
    デプロメール→眠れないのでリフレックスが追加
    糖尿と高脂血症を併発。

アイコン13時~ OTC成分表の作成

講師: 上畑 日登美

    便秘薬、浣腸

アイコン15時30分~ 販売ロールプレイ

講師: 青木 千絵
(D.富谷成田店)
上畑 日登美

便秘薬を選ぶポイントを 青木先生に教わりました。

  • ★ 今まで使ったことがあるかないか?
  • ★ 初めてなら 整腸剤という選択もあります
  • ★ 常用していると 自分で出す力が無くなってくるので
      薬を変えるのも方法です
  • ★ 生野菜より温野菜を量多く食べるようアドバイスすること