2020.10.20

0410対応とオンライン服薬指導の違い

現在、お薬の受け取り方は従来の病院から処方箋を受け取り、対面で薬局から受け取る方法の他に、オンラインで説明などを受け配送してもらう方法があります。この新しい受け取り方は実は別々の通知に則っており、利用者もご自分がどちらのルールを利用しているのか今一度ご確認ください。

コロナウイルス拡大防止のための臨時対応(0410対応)

ウイルス拡大防止の為の時限的、特例的な対応です。いつまで行われるかは未定です。 利用者が望み、医療機関側がそれを認めた場合に利用できます。電話での診療、服薬指導などが行われ、お薬も配送などの対応がとられます。利用者側に特別な準備は必要ありません。一方で検査なども出来ませんから、状態が安定している方でないと利用できない場合があるようです。

本来予定されていたオンライン服薬指導

2020年9月より開始された制度です。コロナの件がなくとも準備されていた制度です。医療機関、利用者共にパソコンやスマートフォン、タブレットなどの用意が必要です。 0410対応が時限的対応と明記されているので徐々にこちらにシフトしていくと考えられています。

大きな違いは?

0410対応では電話で対応可、新患も可能です。ただし、新患についてはオンライン服薬指導でも新患可能にする方針と報道があり、今後変わっていく可能性が高いです。

まとめ

感染拡大防止や利便性の向上のため、お薬の受け取り方は今後も変わっていくと考えられます。一方でお薬は使い方を誤れば体に害をもたらす可能性のあるものです。必要な人に確かな薬を正しくお渡しするための様々なルールです。ルールを守り、最新の情報を集めるようにしましょう。

付録:今回の薬用植物

「サンシュユ」

サンシュユは、ミズキ科ミズキ属の落葉小高木。 別名ハルコガネバナ。 滋養強壮、収斂、止血などを目標に用いられる。 主な漢方薬:八味地黄丸

一覧へ戻る