基本理念

地域の人々の「生活の質」の向上を実現する。

ドラッグストア・調剤薬局が果たすべき役割の本質は、「地域の人々が健康で楽しく、より便利で、より豊かに、そして活き活きと生活できる商品と情報の提供」、つまり「生活の質」の向上を実現させること。
私たちはこの理念を掲げ、会社一丸となって実現に向けて努力してまいります。

経営理念

1.私たちは、地域から信頼されるお店づくりに努めます。

2.私たちは、社員が活き活きと働ける職場環境づくりに努めます。

3.私たちは、公正な取引を行い、誠実な企業づくりに努めます。

行動指針

1.顧客第一主義に徹する。

2.5S、3現主義を徹底する。

3.正道を歩み、法令や社内規定を遵守する。

4.商売の本質を理解し、競争力のある企業づくりに努める。

基本情報

社名 株式会社ヤマザワ薬品
所在地 〒990-0025
山形県山形市あこや町3丁目9-3
電話番号 023-632-3366 (代表)
023-632-3361 (人事課直通)
FAX 023-632-3363
創業 1952年8月
代表者 代表取締役社長 山澤 廣
資本金 9000万円
売上高 130億7000万円(2019年2月期)
従業員数 565名 (男138名・女427名)
(内 薬剤師87名 登録販売者290名)
事業内容 調剤薬局及びドラックストア
事業エリア 山形県・宮城県
店舗数 調剤薬局 23店舗
ドラッグストア / インストア 55店舗

沿革

1952年8月 山形県東根市神町に薬局を開業
1962年11月 株式会社ヤマザワを設立しスーパーマーケット事業開始
1984年10月 宮城県の第一号店として泉ヶ丘店開設
1985年6月 調剤薬局第一号店として大学病院前店を開設、調剤薬局事業開始
1990年7月 株式会社ヤマザワの100%子会社として新会社設立
1993年4月 ドラッグストア第一号店として山形県寒河江市に150坪のドラッグストア寒河江店開設
2005年2月 株式会社ヤマザワ、株式を東証一部上場
2012年3月 ヤマザワ調剤薬局山形済生病院前店開設(山形県山形市)
2012年8月 ヤマザワ調剤薬局二番町店開設(宮城県仙台市)
2012年9月 ヤマザワ調剤薬局仙塩利府病院前店開設(宮城県利府町)
2016年12月 ドラッグヤマザワ荒井店開設(宮城県仙台市)
2017年4月 ドラッグヤマザワ村山駅西店開設(山形県村山市)
2017年11月 ドラッグヤマザワ漆山店開設(山形県山形市)
2019年4月 ドラッグヤマザワ左沢店開設(山形県大江町)
2019年9月 ドラッグヤマザワ角田店開設(宮城県角田市)
2019年10月 ヤマザワ調剤薬局仙台医療センター前店開設(宮城県仙台市)

ドラッグストア事業

ドラッグストア事業

「地域の人々のいつもの生活を、より健康に、より便利に、より豊かに」

「いつもの生活が、より健康に、より便利に、より豊かに」を実現するためにドラッグヤマザワでは、医薬品・化粧品・日用品を中心とした豊富な品揃えと的確なアドバイスを通して実現しています。
利便性と専門性を追求し、地域の人々から選ばれる頼られる店舗づくりを目指しております。
「商品の安さ」だけではなく、「気軽に健康について、美容について、生活について相談できる」お客様からの日常生活の悩みを解決することがドラッグヤマザワの使命と考えています。
全てがお客様の満足と利益のために!!
ドラッグヤマザワは地域の人々の生活を支え続けます!!

調剤薬局事業

調剤薬局事業

「地域の人々の健康ステーション」

少子高齢社会が進む中、セルフメディケーション、医療費の削減が求められております。
調剤薬局に求められる役割も、「治療から地域のトータル健康ステーションへ」。
単にお薬専門の調剤薬局から、地域の健康ステーションとして、地域医療への貢献・健康増進活動・ジェネリック医薬品の普及・重複投与防止・医療機関との連携等求められ、役割は大幅に増えております。求められる役割が変わる中、ヤマザワ調剤薬局では、調剤業務の機械化・調剤監査機器の積極導入・薬剤発注の自動化・薬棚の可動式化・薬歴のシステム化で作業効率の向上に努め、服薬指導・在宅業務・薬剤師スキルアップ・かかりつけ薬剤師の養成・薬学実習生の育成・地域の人々への健康セミナー開催に注力しております。
ヤマザワ調剤薬局の薬剤師業務は、「お薬中心から患者さん中心へ」、次世代調剤薬局の一歩先を実現しております!!

健康元気マークについて

健康元気マーク

お客様に「安心・安全・健康」を提供したいという会社の方針に基づいて制作されたものです。「安心・安全・健康」にちなみ、3つの笑顔が並んでいます。

ヤマザワ薬品限定マーク、季節やイベントにあわせて変身した健康元気マークも登場します。