兵藤ひかる

兵藤ひかるさん

2017年度入社

薬剤師を目指したきっかけは。

女性も資格や手に職を持ち、ひとりでも生きていけるような力が必要だと思ったことが、薬剤師を目指した一番のきっかけかも知れません。もともと医療系に興味があったのですが、職業までは決めていませんでした。ただ、縁の下の力持ちのような職業に興味があり、私にとってそれが薬剤師という職業だったのです。表に出るような仕事ではないですが、調剤や投薬を通して人の役に立てるこの仕事は、私の天職だと感じています。

ヤマザワ薬品への入社動機を教えてください。

薬科大学に進んだ私ですが、5年生のときの実習先がヤマザワ薬品でした。そのときの印象がとてもよくて、風通しがよくて社員の皆さんが仕事を楽しんでいる雰囲気に憧れて入社を希望しました。全国規模の企業と比べたら小さい会社ですが、だからこそ別店舗にいる社員のことも知っていたりして、コミュニケーションがきちんと取れているように感じたのです。「あっ、この会社がいい。ここで働きたい!」って、直感的に決めました。

どんな仕事をしているのですか。

投薬や調剤業務、また在庫管理などをしています。大学病院が隣にあるこの店舗では、2,000種を超える薬品を取り扱っているので、はじめは把握するのが大変でした。今ではやらなくてはならない仕事をした上で、どれだけお客様とコミュニケーションが取れるかに力を注いでいます。受付時に交わすほんの些細な話からでも、お客様と密な関係性を築けたりするもの。信頼していただけるように、頑張っています。

兵藤ひかる

山大病院前店の特徴を教えてください。

大学病院が隣にあるので、さまざまな病状を持たれる方が来店されます。そのため、取り扱う薬の種類も他店と比べて多く、また、新薬などを扱う機会も多い店舗だと思います。他店に先駆けて新しい薬の知識を学べるのは嬉しく、ときに勉強が大変ですが、それがとても楽しく感じています。現在、調剤が複雑で、また、混雑しているときは、お客様に小一時間ほどお待ちいただくこともあるので、今後は少しずつ改善していきたいですね。

先輩を見て感じることは。

入社して3年経ちますが、まだまだ私は薬剤師としての経験が浅いと痛感することがあります。先輩達を見ていると、ふいにアクシデントが起きたときの対応力の深さや、また、患者さんへの服薬指導も、とても丁寧で的確。それは、知識だけではなく、経験を重ねてきた結果だと思います。ときには、医師が出した処方箋の誤りに気づいたりと、本当にすごい。心から尊敬しています。

目指す薬剤師像はありますか。

近年、薬剤師業界も変わってきています。診察や薬の処方は医師が、調剤や服薬指導は薬剤師が、それぞれの専門性を発揮することで、より医療の質を向上させようというのです。かつ、最近ではお客様との密なコミュニケーションも求められるようになってきました。ですので今後は、『かかりつけ薬剤師』の資格取得を目指して頑張り、将来的にはお客様から指名していただけるような薬剤師になりたいですね。

就職活動をする後輩にアドバイスはありますか?

薬剤師を目指す皆さんには、自分がどの企業で働くかで迷ったときは、何が一番自分に大切なのかを考えて欲しいです。そして、それに一番当てはまった企業を探して選択して欲しいです。私は人間関係や雰囲気の良さを一番に選びましたが、お陰で今は日々充実した仕事の日々を過ごしています。ときには息抜きをしながら、皆さんの一番を大事に就職活動に励んでください。

福田幸大

福田幸大さん

2017年度入社

薬剤師を目指したきっかけは。

中学生のときの職場体験学習で薬剤師の仕事を見せてもらってから、薬剤師になることが自分の夢になりました。きっと当時は薬を調合する姿がかっこいいと思っていただけなのかも知れませんが、その後も夢が変わることはありませんでした。東北医科薬科大へ進学し、そして3年前からここヤマザワ薬品中央店で、薬剤師として働いています。

ヤマザワ薬品への入社動機を教えてください。

薬学部の研修で訪れた店舗がヤマザワ薬品でした。そのとき社員の皆さんとの交流の機会に恵まれ、また、社内の雰囲気なども学生時代に経験することができました。今思うと、すでにそのときに“将来はここで働こう”と決めていたのでしょう。就職活動の間も、ほかの企業をほぼ調べることなく、ヤマザワ薬品一社に絞って活動していました。社員同士で、きちんとコミュニケーションが取れていることに、働きやすい職場だと感じていたのです。

現在の仕事内容について教えてください

中央店では、薬局長以外の仕事は、社員全員ができる体制を取っています。なので、薬剤や備品の発注や管理、調合、服薬指導など、店舗管理以外のすべての仕事に携わっています。小児科からの処方箋が多いので、服薬指導では親御さんにどんなジュースと合わせると飲みやすいかを教えたりするのですが、それが薬剤師しか知らない豆知識だと、大変喜んでいただいています。そんなお客様とのやりとりは、とても楽しくてやりがいになっています。

福田幸大

中央店の特徴を教えてください。

街中にある中央店は、グループ内で一番忙しい店舗と言われています。眼科、小児科、内科の3つの病院の処方箋を受けているので、スピードと正確性がすごく求められるのです。近年に入り、薬剤師は薬を扱う対物的な仕事だけではなく、お客様とコミュニケーションという対人的な要素を求められるようになりました。中央店の現状は少し逆行しているようにも感じられますが、お客様に合わせながらも、瞬間的なスピードが出せるように努力しています。

先輩薬剤師を見て思うこと。

ここの同僚は皆な年齢も経験年数も上の方ばかりなので、その仕事を見ているとすべてにおいて自分はまだまだだなぁと反省させられます。効率性を重視した仕事の手際や、お客様を安心させるような服薬指導の内容など、見ているだけ、聞いているだけで、自分にとって大きな学びとなっています。本当に皆さん、自分にとっては尊敬の対象です。

今後、目標とされていることは。

常に患者さんの立場に立ち、気持ちを汲み取れるような『かかりつけ薬剤師』になりたいです。また、店舗へ来ることができないお客様のため、訪問での投薬作業にも今後一層力を入れていきたいです。そして、お客様、地域の人に信頼される薬剤師になれたらいいですね。

就職活動をする後輩にアドバイスをいただけますか。

仕事をしていて、楽しいと思える会社で働くことが一番だと思います。僕の場合ははじめからヤマザワ薬品で働こうと決めていたわけですが、そのためにもいろんな企業を見た方がいい。2、3歳上の先輩の話が、一番正確な情報だと思うので、話を聞いて見るのもいいでしょう。たくさん見て、悩んでも、最後には良い企業と出会えることを祈っています。